読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOSHNARY

気ままに更新いたします

YMO AT 中野サンプラザについて

こんばんは。

 

よし

 

です。

 

昼の記事から続いて第2弾的扱いになりますが(汗)

YMOです。

 

話す内容は、中野サンプラザホールで演奏された音源についてです。

 

YMOは1979年にTRANS ATLANTIC TOURと冠して、世界ツアーにお出かけしました。

いちばん有名なのはGREEK THEATERでの演奏ではないでしょうか?

TUBESというバンドの前座でもあるにも関わらず、あまりにもオーディエンスが熱狂して、前座では異例のアンコール演奏を行ったからです。

 

その後、N.Y.のHARRAH


ymo complete hurrah

だったりフランスのVenue(ヴェニュー)やシアター・ル・パラス


TONG POO - YMO 1979 LIVE at THEATRE LE PALACE

で演奏したりと各国を周り、日本へは79年の冬くらいに帰ってきました(凱旋)

 

そこで、日本での凱旋コンサートの一発目であるのが、今回のメインテーマでもある中野サンプラザホール


1000 KNIVES - YMO 1979 LIVE at NAKANO SUNPLAZA

なのです。

 

前置きはこのへんで・・・。

 

なぜここまで中野サンプラザにこだわるか・・・

それは前述通り「凱旋コンサート」だからです!

 

日本に帰ってきて1発目の演奏なのに、なぜ良質な映像や音源がないのだろうか!!!

 

貴重ですよ、貴重

 

なんどでもいいます

 

貴重

 

なのです!!

 

私ことYMO信者にとってこれは、よだれダラダラものなんです。

 

アルファーレコードはもう存在しません。(厳密に言うと、アルファーミュージック?として、原盤管理会社と化しています。)

 

無いはずないんですよ!

現に、1978年にYMOがまだテクノというよりはフュージョンバンド的扱いされていたときの紀伊国屋ホールの演奏が発掘・販売されているんですから。

 

それを言い出すとですねえ、TECHNOPOLIS 2000-20のことも言いたくなるので、それは後日…

 

ここに魂の声を書きます

 『アルファーさんよ、あるならパッパと出してくださいよ』

ある程度音が悪くてもいいんです。

我々は、演奏風景など色々見たり聴くことに幸せを感じるのです。

 

お蔵入りするにはあまりにも勿体無い

 

以上ですw